自分に合った入試方法を|大学受験で成功したいなら塾選びが大切|実績や口コミを要チェック

大学受験で成功したいなら塾選びが大切|実績や口コミを要チェック

本

自分に合った入試方法を

女学生

入試の多様化

大学入試制度は、刻一刻と変化を遂げています。ここ数年で入試制度が非常に多様化し、常にアンテナを張っていなければ取り残されてしまうほどの状況といっても過言ではありません。私立大学でその傾向が顕著だったのですが、近年は国公立大学も入試制度を改革し始めています。少子化が進む今、国公立・私立問わず様々な方法で優秀な生徒を確保しようと、各大学が趣向を凝らしているのです。中でも、各大学がカラーを出しやすいのが推薦入試制度です。推薦入試にも、学力よりも個人の性質や志望を尊重するものや、学力も併せて問うものなど、様々な種類があります。そこで今回は、特に各大学の特色が出しやすく非常に多様化している、私立大学の推薦入試についてまとめます。

AO入試とは

まず、一般的に最も早くスタートするのが、アドミッションオフィス入試です。これは通称AO入試と呼ばれるもので、大学や学部が求める生徒像に即した生徒を募集するための入試です。早い学校では6月末ごろから始まります。例えばある大学は、オープンキャンパスの模擬授業参加を義務付け、その内容をレポートにまとめた上で、プレゼンテーションを行うというAO入試を行っています。またある大学は、面接だけではなく特定科目の学力試験や小論文などを課しています。内容は千差万別なので、説明会への参加や過去の傾向をリサーチすることが必須です。このほかにも、私立大学特有の指定校推薦や公募制推薦などがあるので、自分に適した推薦入試方法を選ぶとよいでしょう。